肺末梢病変の診断における気管支腔内超音波断層法の有用性(ミニ特集末梢肺小結節病変への経気管支的アプローチ)  [in Japanese] Endobronchial Ultrasonography in the Diagnosis of Peripheral Pulmonary Lesions  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

気管支腔内超音波断層法(endobronchial ultrasonography:EBUS)は, 気管支鏡を介し気管気管支内腔に細径超音波プローブを挿入し, 気管気管支壁, 気管支周囲組織の超音波断層像を得る検査である. EBUSは, 1990年のHurterらの肺, 縦隔への気管支腔内超音波断層法の報告に始まり, 現在EBUSは, 気管支壁深達度診断, 肺末梢病変の位置の同定, 質的診断(良悪性診断), リンパ節などの気管支周囲臓器の描出, 経気管支針生検時の穿刺部位の決定等に用いられ始めている. 我々は1994年からEBUSを始め, 約2100例のEBUSを行ってきたが, 気管支鏡の鉗子口から挿入された細い超音波プローブが経気管支的に病巣内に到達すると, 含気が減っている病巣は明瞭に描出されることが解った. そのEBUSの内部構造から良悪性診断, 分化度の評価ができるか否か, 124病変でのtype classificationの検討結果を前半で示す. また, 肺末梢病変の確定診断には, 現在, 気管支鏡下擦過細胞診, transbronchial biopsy(TBB), percutaneous lung biopsyなどが広く用いられてきている.

Journal

  • The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Endoscopy 27(4), 290-295, 2005

    The Japan Society for Respiratory Endoscopy

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002825812
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357687
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0287-2137
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top