アフマド有賀文八郎(阿馬土) : 日本におけるイスラーム法学の先駆者としての位置づけ(<特集>イスラームと宗教研究) Ahmad Bunhachiro Ariga : A Founder of Islamic Jurisprudence in Japan(<Special Issue>Islam and Religious Studies)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

有賀文八郎は明治維新の数ヶ月前に生まれた。彼は幕藩体制崩壊後の明治に生きる人間として、新しい日本人の教育の基礎を基督教と確信して基督信者となった。その後、インドのボンベイでイスラームの実際を目撃し、後にイスラームに改宗する。イスラームとの出会いから四十年間、一神教の比較研究を行い、三位一体説に疑義を抱き、イスラームが日本に最も適当な宗教であると確信し、六十歳を機に実業界を引退し、イスラーム伝道に余生を捧げた。彼は短期間に信者を獲得したが、同時に彼のイスラーム解説書は日本の他のオリエンタリストのそれと比較して異彩を放っている。それは結果的にイスラーム法学の法判断(フトワ)によって日本の実情に合うイスラームを人々に伝えたからだ。彼は日本のイスラーム法学の先駆として位置づけられる。

Japanese Muslim Ahmad Bunhachiro Ariga was born several months before the Meiji Restoration. He became a Christian after trying to find a new standard of education for Japanese people based on monotheism. When he traveled to Bombay, he was impressed by Indian Muslims. He studied monotheism by comparing Islam with other religions, which continued for more than 40 years. He finally concluded that the most appropriate religion for Japanese people is Islam. He retired from all his enterprises when he was 60 years old, and converted to Islam. About 70 Japanese people became muslims through him within six months after his first invitation to Islam. His books are of interest for comparing with other Japanese scholars, since his understanding, sayings and preaching were based on his interpretation of Islamic Law in adapting Islam in Japan. He adapted his Islamic jurisprudence in his introduction of Islam in Japan, so he is considered as a founder of Islamic jurisprudence in Japan.

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 78(2), 517-539, 2004

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002826608
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    7095906
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ