平井金三とフェノロサ : ナショナリズム・ジャポニズム・オリエンタリズム Hirai Kinza and Fenollosa : Nationalism, Japonism, and Orientalism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

平井金三(一八五九-一九一六)は明治における仏教教育運動の先駆的な役割を果たしながらも、後にユニテリアンや松村介石の「道会」などへ加わった思想遍歴の故に日本の仏教研究においてほとんど注目されてこなかった。しかし近年になって、一八九三年万国宗教会議での平井の講演が海外の研究者より注目され、アメリカにおける仏教の紹介者として再評価が進んでいる。一八九三年にシカゴで開催されたコロンビア万国博覧会では並行して万国宗教会議が開催された。この世界で最初に開かれた万国宗教会議は比較宗教学の成立と、それまでキリスト教中心であったアメリカにおける東洋宗教の導入の契機となったという意味において宗教史上画期的な位置を占めている。万国宗教会議において平井金三は「ナショナリズム」からキリスト教批判を行って注目を浴びた。一方、フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa一八五三-一九〇八)はコロンビア万国博において「ジャポニズム」から日本美術の紹介を行った。両者の言説はコロンビア万国博という場において共鳴し合い、その触れ合いのなかから「オリエンタリズム」の一端を形成したのである。

In 1893, The World's Columbian Exposition was held in Chicago to celebrate the four-hundredth anniversary of Christopher Columbus's discovery of the New World. With this Fair, a World's Parliament of Religions was also held for the first time for displaying spiritual evolution, which received much attention and had a great influence. During the Parliament, Japanese Buddhism was introduced to American audiences by delegates of Japanese Buddhists. One of Buddhist delegates, Hirai Kinza, criticized Christian missionaries for contributing to the imperialistic invasion of Oriental nations. At that time, the Japanese government tried to revise the unequal treaties imposed by Western powers. Hirai's criticism of Christianity was motivated by nationalism aiming to build an equal relationship between Japan and Western nations. On the other hand, the Japan Pavilion at the Fair displayed Japanese arts and architecture. Ernest Fenollosa was entrusted by the Japanese government with the publicity for Japanese art. He was fascinated by Japanese arts and converted to Buddhism in order to understand the spirit of the Orient, and expressed his hopes of harmony between West and East. Hirai and Fenollosa established a friendship and proclaimed that Christianity and Buddhism would be synthesized. Their discourse, however, was inescapably involved in the "Orientalism" of the Columbian Exposition.

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 79(1), 73-96, 2005

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002826642
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    7402172
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ