図書館パスファインダーに見る次世代図書館の可能性 Electronic pathfinders : a window to a new generation library service

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館パスファインダーは北米において40年以上にわたり,レファレンスサービスの重要な役割を担ってきた。しかし日本の図書館においては確立したサービスとして提供されてきていない。インターネットを含む新しい技術の出現により電子パスファインダーに進歩することで,図書館パスファインダーは利用の可能性が開けてくると考えられる。図書館パスファインダーとは何であるかを紹介し,発達の歴史をたどりながら,OCLC Connexion Pathfinder(旧CORC Pathfinder)作成経験を通して予想される「図書館ポータル」の機能要素としてのその将来像を示した。厳しい現実に直面する私立大学函書館において,これからの新しいサービスになり得るかは国レベルでの環境整備やサポートが不可欠である。

Library pathfinders have played an important role in reference services for over 40 years in North America. In Japan, they have not so far secured a "place" in their own right. With the introduction of new technologies and the Internet, library pathfinders may yet to prove their importance here in Japan. They may even become a significant step forward in the designing of "library portals and as "a product" of librarianship. In this paper, authors have introduced the concept of library pathfinders and their history and significance as a library tool and also their vision of what our future virtual pathfinders may look like. Authors' experience with the OCLC Connexion Pathfinders (formerly CORC pathfinders) is also introduced. With the technological help and support at the national level, the concept of new library pathfinders, as a new library service, may shed light on many private university libraries that are facing financial difficulties.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 52(10), 526-537, 2002

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  57件中 1-57件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002826712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    6315143
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ