図書館システムの現状と課題 : 次期業務モデルと大学図書館間の協力体制の確立構想へ向けて The present and the subject of a library system : For the establishment of the next operating model and the collaboration between university libraries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1998年10月に全塾を対象とした図書館基幹システムKOSMOSをリプレースしKOSMOSIIのサービスを開始した.1992年, KOSMOS稼動後から, システム性能に引きずられず業務効率を上げるため, 業務の改善や周辺システムの開発を行ってきた.この過程は, 図書館業務を機能単位に分割しながら最適な業務モデルとシステム環境を設定することであった. この経過とKOSMOSIIのコンセプトや構成を説明しながら, 次期システムへ向けての業務モデルのフレームを検討する.特に, 一大学ごとの図書館や図書館システムという枠組みを超えた新しい業務モデルの開発の必要性について提案する.

Main system for all private campus of Keio university library, "KOSMOS", was replaced in October 1998, and the service of new system "KOSMOSII" was started. We had developed and improved library services and library systems from 1992 KOSMOS start in order to improve in not only the system performance but also the efficeincy of business. The main purposes of this process were what set up the optimum business model and system environment, dividing library business into a functional unit. I would like to propose the frame of an business model turned to KOSMOSII, explaining this progress, and the concept and the composition of KOSMOSII.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 51(2), 121-126, 2001

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002828912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    5644476
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ