利用者が求める快適な環境づくり : ジュンク堂書店の書店展開から見えてくるもの(<特集>図書館の快適性を再考する) Creating a pleasant environment for users : Junkudo's marketing strategy(Special feature Amenities for Library.)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

戦後日本の書店業界は他の業界と比較すると平穏な歩みであったろう, つい十数年前までは飛躍の一途であった。そして時代の変化との連動に不協和音が発生したまさにその時期に, 電撃のように襲い掛かったのがジュンク堂書店である。その最大店舗池袋店は1997年オープン, その後の増床を経て, 2001年12月現在で営業床面積2000坪で日本一, 販売在庫数では世界一の規模を誇っている。本文はこのジュンク堂の顧客戦略をモデルケースにして分析し, 戦後日本書籍業界の辿った道のりと, 現状の問題点を浮彫りにしたい。この困難な時期をどう乗り越えるか, 今が, 出版界のこれからを左右する大切な岐路であるだろうから。

Bookseller industry has apparently enjoyed a rather moderate period compared with other industries after the War, as it has been growing steadily until mid-80's. It is when a discord with contemporary changes burst that Junkudo assailed into it. The largest retail shop opened at Ikebukuro in 1997, which expanded to 6600 square-meter as of December 2001, which is the largest bookshop in Japan and maintains the largest inventory in the world. In this article, the Junkudo's marketing strategy is investigated as a model case to review the post-War history of Japanese Book Industry and to illustrate the current problems. We now stand at the crossroads how to cope with this challenging period and to direct the future of the Industry.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 52(1), 27-33, 2002

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829018
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    6024036
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ