情報探索過程を踏まえた検索システムの開発へ向けて : レファレンス・ブックを利用した探索過程の調査 Towards a development of information system based on information search processes : investigation of search processes using reference books

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 司書課程受講者436名を対象に, 彼らがどのようなレファレンス・ブックを利用して情報探索を進めるのかを調査したものである。明らかになったのは, 以下の点である。(1)事典・図鑑類と辞典・辞書類の利用度はかなり高く, その割合は全体の40%以上である。(2)情報探索過程は, 実際には, 二次資料, 三次資料, 二次資料というように展開する。この結果を踏まえ, レファレンス・ブックを情報源として持つ情報検索システムの検索手順のモデルを提示した。

This study explored how 436 students, who attended a librarian's course lecture, search information, using reference books. The following points became clear : (1) with a rate of more than 40%, a very high degree of use of encyclopedia, illustrated books, and dictionaries, could be ascertained. (2) Concerning the actual information search process, students at first often use secondary materials (catalogs, bibliographies and so on), in a second stage, they then use tertiary materials (bibliography of bibliographies), and in a third stage they return to secondary materials again. As a result, the model of the procedures in the information retrieval system, which has reference book data as a source of information, was presented.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 52(2), 107-115, 2002

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829033
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    6060473
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ