日仏会館図書室 : 日本のネットワークにおけるフランス専門図書館の役割(<特集>海外の情報を提供する専門図書館) The library of the Maison franco-Japonarse : the missions of a French special library in the Japanese library networks(<特集>Special feature:Special library for sending out overseas information)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日仏会館図書室は一般公開しているフランス専門図書館としては極東アジアで最も古くかつ最も大きい。まず,蔵書とサービスについて言及し,次に,短期発展計画,すなわち,蔵書の充実に関する基本方針,目録の再機械化,遠隔業務,共同目録(NACSIS-CATおよび在日フランス図書館共同目録(計画))について述べる。日仏会館図書室が参加する2ネットワーク,日本の大学図書館ネットワークおよび在日フランス図書館ネットワークで演じる固有の役割に力点を置く。

The library of the Maison franco-japonaise is the oldest and largest French public library in Far East Asia. We describe its collections and services, then present the main lines of its short-term development : collection development policy, computerization, distance services, participation in two union catalogs (NACSIS-CAT and the projected union catalog of French public libraries in Japan). We particularly lay stress on the distinctive role played by the library of the Maison franco-japonaise in the two library networks in which it takes part: the network of Japanese university libraries and the network of French public libraries in Japan.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 52(4), 224-228, 2002

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829052
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    6097023
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ