図書館総合情報管理パッケージソフト「情報館5.0」の特色と「情報館」関連製品について(<特集>図書館システムと評価) The special feature of the library integrated information management package software "Johokan 5.0" and the related products of "Johokan"(<Special feature>Library System and Its Evaluation)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

図書館システムといえば汎用機やオフコンシステムが主流であった時代に登場した図書館総合情報管理パッケージソフト「情報館」は,システムのダウンサイジング化の時流に乗って導入を増やし,発売当初のDOS版からWindows版「情報館95」のリリースを経て,現在767箇所の図書館で稼動中である。2002年5月,これら「情報館」ユーザーの要望を取り入れて機能の充実を図った後継機「情報館5.0」がリリースされた。さらにライブラリーサポートサービスの一環として,インターネットの普及に対応したインターネット関連製品の開発及びサービスの提供も行われている。ここでは「情報館5.0」の機能特徴と,インターネット技術を応用した「情報館」関連製品を紹介する。

The library integrated information management package software "Johokan (means information hall in Japanese)" first appeared when the library management systems shifted from the maim frame and office computer to a personal computer system to meet the system downsizing. It was initially developed for DOS system and then extended to Windows system as "Johokan 95". At the present there are 767 libraries being operated under "Johokan" systems. The successor system "Johokan 5.0", which adopted requests of clients and fulfilled its function, was released in May 2002. In addition, as a library support vender, we provide a lot of new service related to the Internet to meet the requirements arising from the spread of the Internet technology. Here is the introduction of the functional features of "Johokan 5.0" and "Johokan" related products.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 52(9), 460-465, 2002

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829093
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    6256854
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ