Subject World : 主題の世界(<特集>情報の視覚化) Subject World : A System for Subject Retrieval(<Special feature>Information visualization)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は,概念の関連を視覚化してユーザの自由な操作を許すことにより,主題検索を支援するシステムSubject Worldを開発している。 BSH4件名標目とNDC9分類項目の視覚的ブラウジングと,大阪市立大学OPAC検索が可能なプロトタイプシステムを試作した。本システムは,ユーザの思考過程にあわせた情報ブラウジング,情報検索時のキーワード人力,キーワード人力によるシームレスな件名検索とNDC検索,主題および件名や分類に関する知識の獲得を支援する。

We have been developing a system called "Subject World," which visualizes relations between concepts and enables users to operate them for subject retrieval. To date we have implemented a prototype system in which the user can browse and operate BSH4 subject headings and NDC9 index terms, and retrieve Osaka City University's OPAC. The prototype system helps users to browse information according to the user's thinking process, to input keywords for information retrieval, and to perform seamless searches by subject headings and by NDC9 using keywords. It also assists the user in acquiring knowledge about the subject, subject indexing and classification.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 54(11), 568-574, 2004

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829754
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    7129460
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ