慶應義塾大学における電子ジャーナル管理の現状と展望 : EJアクセシビリティを中心として(<特集>電子ジャーナルの現状) The current state and the future of Electronic Journals management in Keio University : focusing on the EJ-accessibility(<Special feature>The current state of electronic journals)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

外国雑誌における電子化の動きは年々加速しており, 大学図書館では煩雑な管理を強いられている。慶應義塾大学においても, ここ数年で電子ジャーナルを取り巻く環境が急激に変わってきている。また, 利用者から見ても, 利用形態が多岐に渡っていることや, オフキャンパスからのアクセス制限など不便を感じている。このような変化を受け, 慶應義塾大学において, 電子ジャーナル管理の現場担当がどのように取り組んでいるか, 今後どのようなシステムモデルを描いているかを示した上で, さらにアクセス管理の現状と展望について言及する。

Foreign journals has been changing to digitize with increasing speed year by year. And the movement makes library staff to complicate the management of Electronic Journals (EJ). Recently, in Keio University, the environment in which libraries has dramatically changed. On the other hand, users are also not satisfied with various means to use the EJ and with restricted access from off-campus area. Based on these changes, let us introduce how the library staff does manage the EJ and draw the ERMS model, as the focus on access control of EJ.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 55(6), 257-264, 2005

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    7317315
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ