音声翻訳研究の展開(<特集>機械翻訳) A review of speech-to-speech translation research(<Special feature>Machine Translation Update)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

音声翻訳は, 日本語を喋ると英語やその他の外国語に翻訳して喋ってくれる, あるいは外国語を喋ると日本語に翻訳して喋ってくれるという技術である。音声翻訳を実際の生活のあらゆる場面で使えるものにするためにはまだ多くの課題が山積している。個別の技術で言えば, 音声認識, 翻訳, 音声合成といった要素技術を, 話し言葉を対象にいかにしてロバストで高精度にするか, そして, それらをいかに効果的に統合するかという音声翻訳特有の課題の解決が不可欠である。そこで, 本稿では, ATRが現在研究開発を進めている旅行会話を対象とした音声翻訳システムの解説を中心に, 音声翻訳研究の現状を紹介する。

The goal of research on Speech-to-Speech Translation is to create a system that translates spoken utterances in a source language to those in a different target language. To achieve this goal, it is essential to build robust and accurate speech recognition, machine translation, and speech synthesis engines for the spoken language, and integrate the engines effectively. This paper introduces recent trends of this technology on the basis of ATR's Speech-to-Speech Translation System which is designed for a travel conversation domain.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 55(8), 345-350, 2005

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002829835
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    7373744
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ