病原力の異なるマツノザイセンチュウの分泌するセルラーゼの性質 Cellulase activities of pine-wood nematode isolates with different virulences

この論文をさがす

著者

抄録

マツノザイセンチュウの病原力の弱い培養個体群も, セルラーゼを体外に分泌していることを活性染色法により確かめた。マツノザイセンチュウが分泌するセルラーゼ酵素群の組成は, ニセマツノザイセンチュウとは異なるものの病原力の強い培養個体群と弱い培養個体群の間で違いはみられなかった。マツノザイセンチュウが分泌したセルラーゼの活性を比べると, 病原力の強い培養個体群の方が病原力の弱い培養個体群よりも強かった。またマツノザイセンチュウの分泌するセルラーゼが結晶セルロースを分解する能力をもつことを明らかにした。マツノザイセンチュウの分泌するセルラーゼがマツ樹体内においてもセルロースを分解しうると考えられた。以上よりセルラーゼがマツ材線虫病の病原物質であるという可能性がより確かになった。

Active staining following electrophoresis of the exudations of pine-wood nematode (Bursaphelenchus xylophilus (STEINER et BUHRER) NICKLE) showed that less virulent isolates also produces cellulase. Banding patterns of cel-lulases secreted by the virulent isolates and the less virulent isolates were essentially similar, but the patterns were different from that of B, mucronatus (MAMIYA et ENDA) . Their cellulase activities correlated positively with the virulences of the isolates. Furthermore, we showed that the cellulase produced byB. xylophilus is capable of de-composing crystalline cellulose. This indicates that the cellulase can react on the cell wall cellulose and destroy wood of the host pine. These results strongly sug-gest that cellulase secreted by the pine-wood nematodes is the pathogenic substance of the pine-wilt disease.

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 76(3), 258-262, 1994-05-01

    一般社団法人日本森林学会

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002830587
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    3883515
  • NDL 刊行物分類
    RB67(林産--森林保護)
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ