"とびくされ"に関係のある3種のカミキリムシ Three species of longicorn-beetles bearing some relation to scattered rot.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スギ,ヒノキ,ヒバなどの“とびくされ”に関係のあるカミキリムシとして,スギノアカネトラカミキリ,トゲヒゲトラカミキリ,スギカミキリの3種都認められる。前の2種の新しい加害樹種を今回さらに数種明らかにした。またトゲヒゲトラカミキリの加害はスギノアカネトラカミキジにくらベ一般に少ないし,軽微である。これは本種が枝材性昆虫で加害枝が限られていることと老熟幼虫が枯枝のなかを多く食害するからであらう。<br> スギカミキリの加害も一般に少ないけれども,スギノアカネトラカミキリが枝に加害しさらにその本幹部の下方に現われ後に腐朽菌が侵入して,よく似た現象をおこすこともある。このような点から考えるとスギ,ヒノキ,ヒバなどの“とびくされ”と最も深い関係が認められるカミキリムシは,スギノアカネトラカミキリであるといえる。このことは山形県内の主要な木材業者の取り扱うこれらの製品の“とびくされ”の大郎分がスギノアカネトラカミキリの幼虫の加害であるという事実ともよく一致するようである。

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 42(12), 454-457, 1960-12-25

    一般社団法人日本森林学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002831828
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    9175288
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ