出回り期が長い食用植物のビタミンおよびミネラル含有量の通年成分変化〔1〕 Seasonal Changes in the Contents of Vitamins and Minerals in Vegetables and Fruits [1]

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 辻村 卓 TSUJIMURA Masaru
    • 女子栄養大学大学院栄養学研究科生物有機化学研究室 Laboratory of Bio-organic chemistry, Kagawa Nutrition University
    • 荒井 京子 [他] ARAI Kyoko
    • 女子栄養大学大学院栄養学研究科生物有機化学研究室 Laboratory of Bio-organic chemistry, Kagawa Nutrition University
    • 福田 知子 FUKUDA Tomoko
    • 女子栄養大学大学院栄養学研究科生物有機化学研究室 Laboratory of Bio-organic chemistry, Kagawa Nutrition University

抄録

本実験の結果、ミネラルは各試料について、特徴的な年間の含有量変動をつかむことはできなかった。分析項目中、含有量の変動が比較的大であったカロチンとV.Cについて含有量変化の通年の変動が大きい試料、小さい試料に分けて示す。(1)栄養成分量が季節で変動する試料 カロチンとV.Cの充実期が重なるもの:キャベツは通年が出回り期であるが、12〜4月を両ビタミンの充実期としている。ミネラルは特に傾向を示していない。トマトは夏期にビタミンが充実していた。しかし、四訂食品成分表作成時とは異なる品種が店頭に出回っている。カロチン、V.Cとも成分表値を下回った。ほうれんそうは11〜3月の出回り期がビタミンの充実期であった。ミネラルでは季節による含有量の変化は認められなかった。カロチンとV.Cの充実期が異なるもの:かぼちゃはカロチンの含有量が2〜6月に充実していた。V.Cは3, 6, 12月に40mg以上となったが、7, 8月は低値であった。さやいんげんはV.Cが5, 6月に最高含有量であった。キウイフルーツはV.Cが1〜5月にやや低値であったが、年間を通じて高含有量(最低36mg)を維持した。カロチン含有量は低値であった。カロチンのみ変動:にんじんは通年が出回り期(10月が少し多い)であるが、カロチンは5〜10月に充実していた。ビタミンCのみ変動:ジャガイモはV.Cが5〜9月に充実していた。ミネラルでは季節による含有量の変化が認められなかった。(2)栄養成分量が季節で変動しない試料 セロリーの通年の測定平均値はカロチン77μg, V.C6mg/100gであるが、毎月の測定値もこれらに近いものであった。ピーマンの出回り期は5, 6月であるが、栄養成分、特にV.Cは通年にわたり高含有量(最低70mg)を維持した。

We previously measured the values of vitamin C in 122 kinds of vegetables and fruits in their golden season (Vitamins, 64 : 27-35, 1990). Since the results suggest that the vitamin C contents showed great variations among seasons, we have studied seasonal changes in the contents of vitamin C and other nutrients in the samples to clarify the difference between those in their golden and poor seasons. Potatoes, pumpkins, cabbages, garden peas, celerys, tomatos, carrots, sweet peppers, broccolies, spinaches, kiwifruits and mangos were chosen as the samples in this study, because they are very popular and selling for long periods in markets. The samples were bought every month form the five markets in the department stores and super-markets in Tokyo. The contents of water, minerals (Ca, P, Fe, Na and K) and vitamins (β-carotene, niacin and vitamin C) in the samples were measured and the monthly changes among the values of the respective samples were compared each other and the results are described in this paper.

収録刊行物

  • ビタミン

    ビタミン 71(2), 67-74, 1997

    公益社団法人 日本ビタミン学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002849805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00207833
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0006-386X
  • NDL 記事登録ID
    4161735
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-36
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ