カードゲームプレイヤの感情状態のモデルの構築 An emotional state model on a card game player

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ユーザフレンドリなインタフェースを構築するにあたっては,感情的な要素を考慮する必要がある.本研究では,感情状態のモデルを計算機上に実現する方法としてOrtonyらによって提案された感情誘発条件理論[1]を用い,カードゲームUNOを対象としたシステムについて述べる.感情誘発条件理論では,「感情とは,人が心的過程のなかで行うさまざまな情報処理のうちで,人,出来事,世界に対する評価的な反応である」としており,感情というものを,状況(人,出来事,世界)への認知の結果として生じるものであるとして感情の計算モデルを構築している.この理論では,状況に対する評価を基にした誘発条件を持った22の感情のカテゴリがあり,この誘発条件が満たされ,かつ閾値を越えた場合に,それに対応した感情が生じる.本論文では,ゲームの進行中に生じる出来事とその時に現れるプレイヤの行動の関係を説明するためのモデルとして,出来事を解釈する評価フレームと,評価の結果が誘発条件を満たした場合に得られる感情状態,およびこれに影響を受けた行為の表出,およびこれらの関係について述べる.

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第52回(人工知能と認知科学), 95-96, 1996-03-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002867163
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ