AIP-LISP : (1)レジスタ・アロケータ  [in Japanese] Register Allocator of AIP-LISP  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

RISC風アーキテクチャを持つAIPをターゲットとする、Common Lispに準拠したLispコンパイラを開発した。その中のレジスタ・アロケータ(以下RAと称する)は、コンパイルド・プログラムの実行スピードを最重要視して、1.中間コードの詳細なtree-traceによる、変数が"生きている範囲"(以下有効範囲という)の正確な計算、2.レジスタ割り付けへの優先順位の決定を行った上で、レジスタ・アロケーションを実行する。多くの解析を必要とする本RAを作成する上で、生産性の高いLispを用いたことは、開発工期の短縮、デバッグ、メンテナンスの容易性など、メリットが大きかった。

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第38回(ソフトウェア), 927, 1989-03-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002874540
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top