漢字カタカナ混じり変換システムの試作  [in Japanese] An Experimental System of Kanji-mixed Katakana to Kanji Conversion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

漢字混じりかな漢字変換は,「会ぎ→会議」のように漢字かな混じりの文字列をかな漢字変換することが可能である.これによって,比較的簡単な漢字は直接入力し,難しい漢字は平仮名で入力した文字列を変換することができ,ペン入力の利点を生かじた入力が可能になる.さらに,ペン入力の自由度を高めるために,メモ書き等の場面で「会ギ」のように漢字がカタカナ表記されることに着目し,カタカナ入力を漢字への変換指示と定義した漢字カタカナ混じり変換方式を検討してきた.この変換方式を使う立場から調査してみると,実際のメモ書きなどでカタカナ混じりの表記が用いられる反面,平仮名の方が書き慣れている、あるいは崩すことができるので書き易いという声があることや,カタカナ/平仮名の厳密な使い分けは難しいことが判った.そこで,従来の漢字混じりかな漢字変換を維持しつつ、変換単位にカタカナが含まれる場合に限り,カタカナ入力を変換指示と解釈して漢字カタカナ混じり変換を行うという仕様でシステムを試作した.

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第51回(メディア情報処理), 227-228, 1995-09-20

    情報処理学会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002876870
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    NII-ELS  IR  IPSJ 
Page Top