LTBマスタ辞書の新しい仕様とその構造 New Specification of LTB Master Dictionary and its Structure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

汎用日本語処理系LTBは,ICOT第2研究室が談話理解実験システムALSを開発する過程で蓄積した要素技術を,汎用のツール群としてまとめあげたものである.ICOTでは,本年度LTB第1.1版をリリースし,自然言語処理研究のための基本ツールとして,すでにいくつかの大学,研究機関に提供している.LTBの開発は,文の解析と生成を共通の辞書と文法を用いて行うという基本コンセプトのもとに進められており,LTBマスタ辞書はこのコンセプトに基づいて開発された辞書データベースである.本発表では,LTBマスタ辞書の新しい仕様の内容を報告し,それに従って作成された辞書の新しい構造を説明する.

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第39回(人工知能および認知科学), 748-749, 1989-10-16

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002879275
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ