遺伝的アルゴリズムにおける淘汰圧力と個体群の多様性 : 巡回セールスマン問題を対象として  [in Japanese] A Study of Selective Pressure and Population Diversityin Genctic Algorithm  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

遺伝的アルゴリズム(GA)は生物の進化の機構を,最適化アルゴリズムとして表現したものであり,組み合せ最適化問題に対する強力な解法として関心を集めている。GAは複数個の探索点により問題の大域的最適解を求める。そのときGAの探索性能に影響を与えるものとして2つの要素が指摘されている。第1に淘汰圧力であり,第2に個体群の多様性である。これらの要素と探索性能の問には,強い相互関係が存在している。Whitleyによれば,強い淘汰圧力は個体群の多様性の減少(初期収束の原因)を導き,弱い淘汰圧力は探索性能の低下を引き起こすと指摘している。本稿では,巡回セールスマン問題(TSP)を解析の対象として,淘汰圧力の強さがGAの探索性能に与える影響について検証する。さらに,個体群の多様性の変化に基づいた操作を提案し,その有効性について考察を行う。

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第49回(人工知能及び認知科学), 219-220, 1994-09-20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002885422
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Conference Paper
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top