多段論理合成における二段論理式簡単化の一手法 A BDD-based Two Level Minimizer for Multi Level Logic Synthesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

多段論理回路の簡単化手法のうち,多段回路の構造から生じたドントケア条件を考慮して簡単化を行なうBoolean minimizerと呼ばれるものがいくつか提案されている[1],[2],[3].このうち,文献[1] の手法は2段論理式簡単化プログラムESPRESSO-II[4]を利用したもので,どのような回路変換を行なうかというヒューリスティックに関しては場当たり的な変換を行なう他の手法に比べて効率的であるが,通常,多段論理回路の内部のドントケアを表現する2段論理式が巨大なものになってしまい,ドントケアそのものやその否定を扱うことが非常に困難になるという問題がある。そこで,本稿では2分決定グラフ(Binary Decision Diagram)[5]を用いて許容関数を表現しつつ,ESPRESSO-IIと同様のヒューリスティックを用いた2段論理式簡単化手法についての提案を行なう。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第42回(ハードウェア), 138-139, 1991-02-25

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002887121
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    conference paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ