発想支援におけるマルチメディアコミュニケーションの各メディアの役割とその対応 Role and Correspondence of the Medias in Multimedia Communication for New-Idea-Generation Supporting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

遠隔地間で発想支援を行うためには,音声や映像等のマルチメディア通信がコミュニケーションを取るために必須となる。映像はコミュニケーションの臨場感を与えるのが主目的であるのに対し, 音声はコミュニケーションを取るための重要なファクターであることが知られている。従って, マルチメディア情報が正しく伝送されるかどうかは今後の研究において大きなファクターとなる。マルチメディア情報はテキストベースの情報に比べ,そのデータは非常に大きい。本報告では,このマルチメディア情報をネットワークを介して通信するさい,そのネットワークのデータ流量が多い(以下,混雑するという)場合に,いかにして通信の品質を維持するかを各メディアごとの品質とのトレードオフの面から考え,特に音声メディアに関して有効な新しい通信方法を提案する。

収録刊行物

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第53回(インタフェースサイエンス), 31-32, 1996-09-04

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002887242
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ