Tachyon Common LispのSPARCへの移植  [in Japanese] Porting or Tachyon Common Lisp to SPARC  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

Tachyon Common Lispは、Common Lisp第2版に基づいた処理系であり、RISCマイクロプロセッサi860をCPUとして持つUNIXワークステーションOKIstation7300上で稼働している。本処理系は、・高速なCommon Lisp処理系・高い移植性を持つ・実用に際して十分な機能を持つを特徴としている。第1の特徴である高速性については、すでに報告済みであるので、本論文では、第2特徴である移植性について、RISCマイクロプロセッサSPARCをCPUとして持つUNIXワークステーションSPARC Station2への移植を行なった結果をもとにその概要と評価について述べる。

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第45回(ソフトウェア), 69-70, 1992-09-28

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002889836
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Conference Paper
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top