日英放送原稿翻訳者のための類似用例提示型翻訳支援システム  [in Japanese] Translation Example Browsing Environment for News Articles  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

我々は現在, 日英ニュース翻訳現場での利用を目指して, 類似用例提示型翻訳支援システムを開発している。これは, 日英のニュース原稿から構築した日英対訳記事データベース(1995年3月~1997年2月分, 14,701対)を用い, ユーザの入力に類似した表現を含む記事対, あるいはユーザが入力した記事と類似した内容の記事対を検索・提示することで, ユーザの翻訳作業を支援するものである。本システムは以下のような特徴を持っている。・ユーザが表現を入力したときに, 入力に類似した表現を含む日英の「記事」全体を提示する。これによって, ユーザが前後の文脈とその表現の関わりを理解し, 用例が適切であるかどうかを判断することができる。・ユーザが記事全体を入力したときに, 入力と単語の出現傾向の類似した記事を提示する。あらかじめ単語の出現頻度を用いてデータベースの記事集合をクラスタリングしておき, 高速な検索を実現する。また, クラスタリング結果の階層木をグラフィカルに表示し, 記事ブラウザとして利用することができる。・日英記事対を提示する際には, 日英表現の対応情報を提示する。提示に必要な対応情報をあらかじめデータベースの記事対に対して付与しておく。本システムの設計方針や構成については既に文献[4]で紹介した。本稿では, 本システムがユーザに提供する機能について概説する。

Journal

  • 全国大会講演論文集

    全国大会講演論文集 第55回(人工知能と認知科学), 582-583, 1997-09-24

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002891592
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS  IPSJ 
Page Top