歯が中アミノ酸のラセミ化反応を用いる年齢推定法における酸加水分解の影響 Effect of acid hydrolysis on the racemization method using amino acid racemization in teeth.

この論文をさがす

著者

抄録

歯が象げ質中のアスパラギン酸(残基)のラセミ化反応を利用する年齢推定法において,一連の分析操作過程をより深く理解することはより正確な分析を行うために重要と考える.本実験では特にD/L比の測定に直接影響を及ぼすと思われる歯が象げ質の酸加水分解過程について検討した.実験には年齢既知のヒトの第三大きゅう歯(歯冠部象げ質)を用い,酸加水分解条件のうちの酸濃度,温度,時間について速度論的に,かつ分解条件の変動による推定年齢への影響について検討した.その結果,既報で設定した加水分解条件(6M HCI,100℃,6時間)を用いる場合,酸濃度,時間がそれぞれ±0.5M,±0.5時間変化してもほとんど影響しないことが明らかになった.

The racemization method using amino acid in teeth is utilized for the estimation of age of unknown corpses in forensic medicine. A series of experiments were carried out to evaluate analytical errors depending on hydrolysis conditions of coronal dentin from the third molars of human teeth. The results of these experiments revealed that aspartic acid was racemized with the acid concentration expressed by the following equation: D/L =0.0168 +0.00103× [HCI]. In addition, it was shown that the racemization rate of aspartic acid during the hydrolysis (at 100 °C, in 6 M HCI) was 0.00085 h<SUP>-1</SUP>. If the hydrolysis is conducted under the proposed conditions, the variations will have a negligible effect on the estimation of age.

収録刊行物

  • 分析化学

    分析化学 37(9), 476-480, 1988

    公益社団法人 日本分析化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002909858
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222633
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0525-1931
  • NDL 記事登録ID
    3200253
  • NDL 刊行物分類
    SC761(法医学)
  • NDL 雑誌分類
    ZP4(科学技術--化学・化学工業--分析化学)
  • NDL 請求記号
    Z17-9
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE  NDL-Digital 
ページトップへ