携帯電話端末を利用した学習用インターフェースのデザインと評価  [in Japanese] Designing and Assessing Educational Interface for Mobile-based Learning  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,携帯電話端末を利用した「ポケット英辞郎」という学習システムのインターフェースデザインと,その利用者に行ったアンケート調査の結果について述べる.「ポケット英辞郎」は,携帯電話端末上で英語学習の学習コンテンツを提供し,英語学習を支援することを目的として開発されたMBL(Mobile-based Learning)システムである.本論では,MBL(Mobile-based Learning)と従来のWBT(Web-based Training)の機能や使用環境の違いを明確にし,MBLシステムを開発する場合,WBTとは違う設計方針でインターフェースや学習コンテンツを設計する必要性について説明する.そして,「ポケット英辞郎」の開発に適用した設計方針について詳述する.また,本システムを利用することで効果的な学習機会をユーザに提供できるのか,携帯電話端末の優れた携帯性がどのようにユーザの学習を支援できるのか,という二点に着目し,アンケート調査の結果を考察する.そして,今後どのようなシステム評価方法を導入すれば,本システムの妥当性を向上できるのか検証を行う.

The latest breakthrough in the cellular phone technology had opened the door to new learning possibility in Japan. Today, about 73 million mobile phones are subscribed and about 3/4 of those mobile phones are capable of browsing mobile internet in Japan. The paper explains a design process of mobile-based learning (MBL) system called 'Pocket Eijiro' and its assessment results.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 103, 7-14, 2003-05-16

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002911781
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    6615242
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top