都市内復元型ビオトープ「いのちの森」のシダ植物の種多様度の評価(<特集>第35回大会) Wildlife habitat evaluation of a reclaimed habitat garden in urban areas using pteridophyte species diversity

この論文をさがす

著者

抄録

1996年に造成後,8年が経過した都市内復元型ビオトープ「いのちの森」において,現段階でのシダ植物の種多様性の評価を試みた。種数一面積曲線を用いて,「いのちの森」の近郊にある孤立林39箇所との比較を行ったところ,「いのちの森」の種数は,高い水準にあることがわかった。また,「いのちの森」の木道下では,シダ植物の種数は他の孤立林比較調査区に比較して多かった。ただし,木道下以外の林床では,種数,対数逆Simpson指数ともに高い程度にあるとは言えなかった。よって,「いのちの森」は,他の孤立林に比べると,種数が多いと言えるが,これは木道下の適度に暗く湿った隙間環境が種数を増加させていると考えられた。

We evaluated the species diversity of the Inochi-no-mori Forest wildlife habitat grarden reclaimed in 1996. Comparison of the number of pteridophyte species in Inochi-nc-mori with fragmented forests in the same area based on species-area curves indicated that the former hosted a greater number of species than the latter. Under the artificial wooden promenade in Inochi-nc-mori, the species richness was higher than those of standard fragments. However, on the forest floor outside the promenade, the species richness or logarithm of inverse Simpson index were as high as the standard level of fragmented forests. Inochi-no-mori was considered to have a higher level of pteridophyte species richness than fragments due to artificial features that form microhabitats suitable for many pteridophytes, such as the wooden promenade, and moderately dark and wet areas.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 30(1), 139-144, 2004-08-31

    日本緑化工学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002912281
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    7085937
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ