スラーに基づく演奏表現の一検討 A Study of Performance Rendering based on Sluring

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,計算機によるピアノ演奏の表情付けを,スラー表記に基づいて生成する手法を提案する.これは,現在も定義が曖昧で議論が重ねられている音楽のフレージングとその演奏表現に対する一つの研究アプローチである.一般に,楽譜を読んだ人がフレーズのまとまりを強調する場合,スラーを書きこむという行為が極めて多い.我々は,スラーの描画形状とフレーズのプリミティヴな仕組みが概ね合致している,すなわち,多くの楽譜に記載されているスラーの情報が,フレージングならびにその演奏表現に多大な影響を及ぼしていると考える.この仮説に基づいて演奏表現モデルを作成し,試験的な演奏生成を行って,簡単な聴取実験を行ったところ,ある様式に基づく音楽表現には十分な効果があり,その有効性を確認することができた.This paper proposes a model of expression of musical phrases based on sluring for performance rendering. It has been recognized that detecting phrases is the most important to analyze group of music. We think that slur has very closely-linked to performance phrases. However, it has not been considered so far in the other performance rendering models. Experimental results with the rendered performance based on slur show the e.ectiveness of the consideration. We believe that this study provides a new points for performance rendering.

This paper proposes a model of expression of musical phrases based on sluring for performance rendering. It has been recognized that detecting phrases is the must important to analyze group of music. We think that slur has very closely-linked to performance phrases. However, it has not been considered so fur in the other performance rendering models. Experimented results with the rendered performance based on slur show the effectiveness of the consideration. We believe that this study provides a new points for performance rendering.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)

    情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 2003(16(2002-MUS-049)), 19-23, 2003-02-21

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002913442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    6496070
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ