学習履歴と理科離れの関係に関する研究  [in Japanese] Relation between Learning History in School and Trend away from Learning Natural Science  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大学生を対象に小学校, 中学校, 高等学校での履修状況をアンケ一ト調査し, それがその後の履修コースの選択および進路決定にどのように影響したかを調べた. 同時に, 附属中学校生徒を対象として学習状況, 学習志向を調べ, 理科離れ, 物理離れの要因を調べた. 理科離れは小学生のときから始まっており, 学年が進むにつれ数学を不得意とする者が増加し, これにより理科科目, 物理の履修者が減少していた.

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 25, 333-334, 2001-07-29

    Japan Society for Science Education (JSSE)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002920189
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top