超並列プログラミング言語MPC++の概要 An Overview of Massively Parallel Programming Language:MPC++

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,現在我々が設計を進めている分散メモリを持つメッセージ駆動型超並列計算機上で実装されるプログラミング言語MPC++について述べる.MPC++は,メッセージ駆動型計算機が提供する実行モデルをプログラミング言語に導入した言語である.MPC++の特徴は以下の通りである.1.メッセージパッシングによる関数起動を抽象化した関数インスタンスが提供されている.2.実行スレッドとのメッセージにより通信手段を抽象化したメッセージエントリとメッセージトークンが提供されている.3.分散メモリ上の論理的空間を規定するトポロジおよび空間および空間上での実行スレッドをプロセッサにマッピングするための論理プロセッサ群が提供されている.

In this paper, we present an overview of a new programming language called MPC++ which is implemented on message-driven massively parallel machines. MPC++ introduces an execution model provided by a message driven architecture. The key features are to provide i) a function instance which is the abstraction of function invocation by message passing, ii) a message entry and token which is the abstraction of communication among threads, and iii) the notion of topology and processor group which gives us the abstraction of a logical memory space and processors.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-]

    情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-] 93(73), 81-88, 1993-08-19

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929378
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10464060
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ