オブジェクト指向言語に適用可能な循環参照カウント方式ゴミ集め An Incremental, Weighted, Cyclic Refeference Counting for Object-based Languages

この論文をさがす

著者

    • 前田 宗則 Maeda Munenori
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center Real World Computing Partnership
    • 小中 裕喜 Konaka Hiroki
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center Real World Computing Partnership
    • 石川 裕 Ishikawa Yutaka
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center Real World Computing Partnership
    • 堀 敦史 Hori Atsushi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center Real World Computing Partnership

抄録

参照カウント方式ゴミ集めは,アプリケーションが生成する参照に循環構造が存在しないことを前提とする既に広く知られたゴミ集め技法である.これまでに,循環参照を取り扱えるよう拡張された循環参照カウント方式が提案されているが,アルゴリズム上その方式の適用可能な計算モデルがコンビネータマシンに限定される問題がある.本稿では,オブジェクト指向言語を含めて,参照の循環を任意の時点で引き起こすようなポインタ操作を許す言語に対する循環参照カウント方式ゴミ集めを提案する.さらに本方式は,ゴミ集めの並列処理と重み付き参照による参照複製に関して考察し,並列/分散環境のための基礎を与える.

Reference Counting Garbage Collection is a well-known scheme which has no supports for cyclic references. Cyclic Reference Counting, which has been proposed to overcome the above drawback, has serious difficulties in applying to object-based languages that allow unrestricted pointer operations. In this paper, we propose an enhanced Cyclic Reference Counting scheme for any languages by providing an unique ordinal number for each object. Our scheme is suitable for a multiprocessor system, since it provides parallel life maintenances for objects and weighted references for less synchronizations between processors.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-]

    情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-] 93(73), 113-120, 1993-08-19

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929382
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10464060
  • 本文言語コード
    ENG
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ