静的解析による並列論理型言語の実行最適化  [in Japanese] Optimization of Concurrent Logic Language with Static Analysis  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

並列論理型言語は非数値分野の問題記述に適しているが,動的なオーバヘッドが大きいため実行効率に問題がある.そこで本研究では,静的解析を用いた最適化手法を提案する.本手法はプロセルを処理単位とするため,効率的な解析・最適化が可能である.本論では,モード・タイプ解析によるコントロールフローおよびデータフロー情報の抽出手法と,これを利用したプロセス内の最適化による逐次実行の効率化,およびプロセス間入出力の最適化による物理的な通信の削減について述べる.

Although concurrent logic language is suitable for symbol processing, its execution is inefficient due to the dynamic overhead. We propose an optimization scheme using static analysis. Because each process is dealt independently, the analysis and optimization are efficient. In this paper, we describe derivation scheme of control-flow and data-flow information with mode-type analysis. Using this information, we also discuss optimization of inner-process execution and reduction of inter-process messages.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-]

    情報処理学会研究報告. [プログラミング-言語基礎実践-] 94(65), 17-24, 1994-07-21

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002929472
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10464060
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top