グローバルガーベッジコレクションとその評価に関する考察 A Preliminary Simulation Model of Global Garbage Collection

この論文をさがす

著者

    • 前田 宗則 Maeda Munenori
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 小中 裕喜 Konaka Hiroki
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 石川 裕 Ishikawa Yutaka
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 友清 孝志 Tomokiyo Takashi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 堀 敦史 Hori Atsushi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 関 進 Seki Susumu
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership

抄録

本稿では,グローバルガーベッジコレクションアルゴリズムを評価するためのシミュレーションモデルを提案し,その予備評価を報告する.我々がこれまでに提案したGleanerアルゴリズムでは,サイクリックガーベッジの生成頻度やそれに含まれるオブジェクト数によって効率が大きく変化する.そこで,サイクリックガーベッジがどの程度生成されるかをシミュレーションによって予備評価した.シミュレーションでは,OO1ベンチマークモデルで採用されている参照の局所性を意識したランダムグラフを利用している.シミュレーション結果より,オブジェクト数nのサイクリックガーベッジの出現頻度C(n)は,C(n)〜n^<-γ>となることが分かった.これよりGleanerの戦略として,i)ローカルガーベッジコレクションを用いて着色範囲を減少させること,ii)非常に大きな構造の塗りつぶしは放棄または中断したほうがよいことが導かれる.

In this paper, we presents a simulation model for global garbage collection algorithms and some simulation results. The efficiency of the Gleaner algorithm, we have presented so far, depends on how frequently cyclic garbage with inter-processor references is generated and how many objects are found in it. We simulate the cyclic garbage creation on a randomly connected graph based on OO1 benchmark model. The result shows an occurrence of cyclic garbage of n objects is proportional to n^<-γ>. Thus, We may adopt two strategies to make less objects be reddened : i)incorporating with local garbage collector, and ii)discontinuing or pending when the number of reddened objects become larger.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング] 95(82), 9-16, 1995-08-24

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10485570
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ