並列オブジェクト指向言語OCoreにおける共同体の拡張 An Extention of a Community in the Parallel Object-Oriented Language OCore

この論文をさがす

著者

    • 小中 裕喜 Konaka Hiroki
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 友清 孝志 Tomokiyo Takashi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 前田 宗則 Maeda Munenori
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 石川 裕 Ishikawa Yutaka
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • 堀 敦史 Hori Atsushi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership
    • Nolte Jorg Nolte Jorg
    • 技術研究組合新情報処理開発機構つくば研究センタ Tsukuba Research Center, Real World Computing Partnership

抄録

並列オブジェクト指向言語OCoreではオブジェクトの集合の構造化とメッセージの分散処理、効率的な実装などを目的として共同体という概念を導入し、データ並列計算やマルチアクセスデータの記述をサポートしている。しかしながら、これまではオブジェクトの集合が共同体生成時に固定されるなどの制限があった。本論文では共同体の一つの拡張として、オブジェクトの集合の動的な変化を可能とする動的共同体を提案し、その実装について報告する。

The parallel object-oriented language OCore provides the notion of a community that structures a set of objects and enables distributed message handling while it can be implemented efficiently. Communities support data parallel computation as well as multi-access data. However, there were some restrictions on the set of objects in a community ; for example, the set was fixed upon community creation. In this paper, we propose an extension of a community, called a dynamic community, that enables the set of objects to change dynamically. We also describe the implementation of dynamic communities.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]

    情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング] 95(82), 57-64, 1995-08-24

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929590
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10485570
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ