アーケードゲームのテクノロジー (その1) 増補改訂版(<小特集>遊び・エンタテインメントとメディア) ARCADE GAME TECHNOLOGlES PART1 Expanded and revised edition

この論文をさがす

著者

抄録

ピンポンをもとにした、商業的に成功した初めてのアーケードゲーム「ボン」が、米アタリゲームズ社で発明されてから、既に20年以上の歳月か流れている. 当時のゲームは、汎用ロジックICを組み合わせて設計されており、技術的に見ても未発達で、最も単純な対話型コンピュータグラフィックスの一応用分野でしかなかった。それから現在までに、世界中のさまざまな会社から、その時代の最も進んだコンピュータ技術を取り入れた、非常にたくさんのゲームが発表されてきた。今日のアーケードゲームは、幾多の技術革新を経て進化してきた、全く新しいインタラクティブなメディアである、と言えるかもしれない。本稿では、ゲームマシンのハードウェアを中心に、アーケードゲームを構成するいくつかの基本的な技術について解説する。

Over 20years have passed since the first commercially successful arcade game "Pong" a simulated game of Ping-pong was invented by Nolan Bushnell at Atan. The game machines at that time were designed to use standard logic ICs. From the technological point of view, they were all immature, and as applications of interactive computer graphics they were also very primitive. Since then, a huge number of games incorporating state-of-the-art computer technologies have been released by companies all over the world. Recent arcade games, which have evolved through several stages of technical innovation, constitute what may by called a brand-new interactive medium. In this paper, we discuss several fundamental technologies used in arcade games mainly in terms of hardware architecture.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア]

    情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア] 96(29), 9-16, 1996-03-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002929678
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10357661
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ