ニューミュージックに見る恋愛風景 Scenery of Love Affairs Sung in Japanese "New - Music"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1965年から1989年までの間に発表されたニューミュージック系の曲300余を対象に、歌詞をデータ入力するとともに、歌詞から曲を分類する項目を設定し、それに基づいた値のデータベースを作成した。その概略的な分析結果を報告する。25年間を5年毎の5つの期間に区切って、分類項目値の変化を見ると、以下のようないくつかの特徴を指摘できる。●1960年代には見られた「若者モノ」は1975年以降減少している。●代わって「恋愛モノ」が台頭し、最近では9割近くを占める。●これに呼応して、歌詞に友人や肉親など恋愛対象以外の人物が登場する曲は急減する。●歌詞の時間的方向性を見ると、第1期は未来指向、第2、3、4期は過去指向、第5期は再び未来指向が優勢となる。こうした変化と、経済・社会的変化、世相・風俗、ミュージシャンの世代や相互の影響、海外の洋楽からの影響、と言った諸現象との相関についての詳しい分析は、今後の課題としたい。This paper reports a preliminary analysis of the text of Japanese songs categorized as "New-Music", made during 1965 and 1989. From a unique analytical viewpoint, several attributes of each song are evaluated, and organized as a personal-computer-based database. By analyzing this database, the following several changes of songs during the period can be pointed out: *The number of songs dealing with love affairs increses with the years; *In the periods of 1965-1969 and 1985-1989, the future-oriented songs are dominant over past-oriented ones, which may reflect the change of Japanese economic conditions.

This paper reports a preliminary analysis of the text of Japanese songs categorized as "New-Music" made during 1965 and 1989. From a unique analytical viewpoint several attributes of each song are evaluated, and organized as a personal-computer-based database. By analyzing this database, the following several changes of songs during the period can be pointed out : *The number of songs dealing with love affairs increses with the years ; *In the periods of 1965-1969 and 1985-1989, the future-oriented songs are dominant over past-oriented ones, which may reflect the change of Japanese economic conditions.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 1995(14(1994-CH-025)), 49-57, 1995-01-27

    情報処理学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002930005
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1010060X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IR  IPSJ 
ページトップへ