宇宙プラズマ粒子シミュレーションの並列化 Parallelization of Space Plasma Particle Simulation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

粒子?メッシュ法に基づく宇宙プラズマ粒子シミュレーション用ソフトウェア(EMPO)を、PVMライブラリおよびMPIライブラリを用いて並列化し、5種類の並列計算機上でその速度性能を調べた。我々が目的とする静電孤立波(S)の発生メカニズムを解明する計算機実験では、数億?数十億個の粒子を数万ステップにわたり運動させる必要がある。従来、逐次計算機上では数千万粒子程度の実験が限度であり、また1試行あたり1ヶ月間をも要していた。本研究で行なった並列化により200倍以上の高速化を実現し、この計算を3時間程度で計算できるようになった。さらに2.7億粒子での計算機実験も8時間程度で実施できる。これにより今後は大規模な実証実験を進めることが可能となった。We have developed PVM-and MPIーparallelized versions of a space plasma particle simulation code "KEMPO1", Performance evaluation on five parallel computers is reported in this paper. One of our goal is to solve the Electrostatic Solitary Wave (ESW) problem by intensive computer simulations, which previously took about 1 month for a single trial (10^7 particles, 10^4 time steps). Now that a bigger (2.7×10^8 particles, 1.6×10^4 time steps) calculation can be done in about 8 hours on our 256-PU SR2201 parallel computer. It makes realistic and systematic space plasma particle simulations feasible.

We have developed PVM- and MPL- parallelized versions of a space plasma particle simulation code "KEMPO1". Performance evaluation on five parallel computers is reported in this paper. One of our goal is to solve the Electrostatic Solitary Wave (ESW) problem by intensive computer simulations, which previously took about 1 month for a single trial (10^7 particles, 10^4 time steps). Now that a bigger (2.7 × 10^8 particles, 1.6 × 10^4 time steps) calculation can be done in about 8 hours on our 256-PU SR2201 parallel computer. It makes realistic and systematic space plasma particle simulations feasible.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

    情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) 1997(37(1997-HPC-066)), 1-6, 1997-05-09

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002932018
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10463942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ