フォースディスプレイを用いた仮想環境における協調作業  [in Japanese] Cooperative Work in Virtual Space by Using Force Display  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

計算機内に作り出した,三次元の仮想空間で作業する場合,人の手の動きを計算機に入力するデバイスが必要である.本研究では,フォースディスプレイと呼ばれる,手の動きを入力するだけでなく,仮想物体に触れたときの,反力を提示することのできる入出力デバイスを用いて,仮想空間で作業するシステムを構築している.また,ソフトウエアの面では,仮想空間を容易に構築することができる,仮想空間構築支援システムを開発している.このシステムを用いて,複数の人間が同時に仮想空間内で,作業することのできるプログラムを開発した.さらに,仮想物体を用いて造形作業を行なう実験を通して,仮想空間における,協調作業の有効性を検証した.

When we work in virtual space, we need input device for measuring spatial motion of a human hand. In this research, we use force display for input device which generates reaction force from virtual object. We developed an operation system of virtual space. The system supports easy construct of virtual environment. Using this system, we developed a program that enables two users to work simultaneously in the same virtual environment. Through experiments of deformation of virtual objects, effectiveness of cooperative work in virtual space is tested.

Journal

  • SIG Note

    SIG Note, 93-34, 1993

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Cited by:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002932089
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10463997
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    CJPref  NII-ELS 
Page Top