センター理論による日本語談話の省略解析 Japanese ellipsis resolution based on centering theory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、センター理論を用いて複文を含む一般の談話の省略を扱う手法について述べる。センター理論は、代名詞・ゼロ代名詞の照応を解析する手法の1つであり、日本語の省略解析では現在もっとも一般的な手法である。しかし、単文など構造が簡単な文にしか適用できないなどの問題があった。本研究では、複文は単文+接続助詞に分解して談話を単文の列に変換し、その単文の列に対してセンター理論を適用して省略の補完を行なう。その際、接続助詞の機能を考慮した制約条件を用いて先行詞候補の絞り込みを行なう。In this paper, we present a method of resolving complex Japanese ellipsis using centering theory. Centering theory is one of anaphora resoluting methods, and a popular method of Japanese ellipsis resolution. However, it is impossible to deal with complex sentences. We regard complex sentences as a series of simple sentences, and apply centering theory to each sentence. We restrict candidates of antecedent using constraint derived from conjunctive postpositional particle.

In this paper, we present a method of resolving complex Japanese ellipsis using centering theory. Centering theory is one of anaphora resoluting methods, and a popular method of Japanese ellipsis resolution. However, it is impossible to deal with complex sentences. We regard complex sentences as a series of simple sentences, and apply centering theory to each sentence. We restrict candidates of antecedent using constraint derived from conjunctive postpositional particle.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)

    情報処理学会研究報告自然言語処理(NL) 1995(52(1995-NL-107)), 91-96, 1995-05-26

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002935035
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10115061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ