DIPSエクスターナルオブジェクト開発と作品制作への応用

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高度な技術を利用したインタラクティブなマルチメディア作品の制作をより容易に行うために,SGIコンピュータ用のjMax上に実装されたリアルタイム画像処理プログラミング環境"DIPS"をさらに拡張した.今回実装したのは主に3次元CGの生成と制御,ビデオエフェクトの拡張,ビデオ画像解析の三点である.また,DIPSを有効に活用するために,ネットワークを利用した通信等のjMaxエクスターナルオブジェクトの実装も行った.これらの開発によりマルチメディア作品の制作における負担が大幅に軽減された.DIPSを実際に利用した画像処理プログラミングや,映像処理と音饗処理との連動などのDIPSの特長を活かした作品制作も既に始まっている.

It's not simple to apply cutting edge technology into the creation of the interactive multimedia art. Now, the"DIPS", developed by Shu Matsuda and runs in the jMax environment, is encouraging various creators to create the interactive multimedia art. Since the DIPS became more public tool in our studio we also find the necessity to extend DIPS objects, in order to give more possibilities to DIPS users and also to ease their programming efforts more. Here we would like to present three different approaches : controlling 3DCG-models, extending video effects, and video signal analyses. Besides these three we have also developed jMax-Max network communication objects to share computing for audio and visual signal processing with several different computers at the same time.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)

    情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 2000(76(2000-MUS-036)), 55-59, 2000-08-05

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002935702
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    5741083
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ