Scroll Display : 超小型情報機器のための指示装置  [in Japanese] Scroll Display : Pointing Device for Palmtop Computers  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 椎尾 一郎 SIIO Itiro
    • 日本アイ・ビー・エム(株)東京基礎研究所 IBM Research, Tokyo Research Laboratory, IBM Japan Ltd.

Abstract

手のひらに収まる超小型携帯コンピュータは、表示装置と指示機構の大きさに制約がある。このため、WWWページ・新聞・地図・書類などの大きな面積を持つオブジェクトを、直接的操作により閲覧・操作することが困難である。そこで筆者は、機械式マウス機構を超小型コンピュータの背面に組み込み、コンピュータの移動に伴って表示オブジェクトをスクロールする仕組みを提案し、試作した。これにより、大きなオブジェクトの一部をのぞき込む仮想的な窓枠を、手で直接移動してスクロールするユーザモデルを提供できる。本研究では試作機を用いて評価実験を行い、本方式の有用性を確認した。

The palmtop computer has limitations of its display size and pointing mechanism. This makes it difficult to apply direct manipulation manner on very large objects such as WWW pages, news papers, maps, and documents prepared for large display. In my previous report, palmtop computer with a built-in mechanical mouse on the back is proposed. When a user moves the computer, the display scrolls over virtually boundless objects. This provides an intuitive user model as if a user is moving window frame through which a part of underlying large object is shown. In this report, an experimental palmtop computer has been made to evaluate the usability.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 71, 91-98, 1997-03-06

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  9

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002937355
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS 
Page Top