インフォーマルコミュニケーション評価に関する考察 A Method of Analysis and Diagnosis on Communication in Collaboration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

協同作業における現場でのコミュニケーション評価方法は未だ確立していない。コミュニケーション評価が難しい理由の一つは、その多義性と定量的測定の難しさにある。前回コミュニケーションの要素である「交わり」「伝達」のバランスを測定する質問紙について報告した。今回は質問紙の結果を個人間のミクロな評価とプロジェクト全体のマクロな評価にまとめる方法について報告する。マクロな評価では顔の表情を用いてコミュニケーション量や人間関係の雰囲気を直観的に表現している。この評価方法を2つのソフトウェア開発プロジェクトに実施した結果について述べた後、評価方法について考察する。We propose the method for analysis and diagnosis on informal communication in a software development project. We propose two aspects of communication, companionship and information transmission and 5 types communication based on them. Using the framework, we make a questionnaire and the visualization procedure of the result. By this method, we can diagnose communication problems in a project from two standpoints of individual evaluations and the whole evaluation. We practice the questionnaire to two projects and examine the validity of this method.

We propose the method for analysis and diagnosis on informal communication in a software development project. We propose two aspects of communication, companionship and information transmission and 5 types communication based on them. Using the framework, we make a questionnaire and the visualization procedure of the result. By this method, we can diagnose communication problems in a project from two standpoints of individual evaluations and the whole evaluation. We practice the questionnaire to two projects and examine the validity of this method.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 1994(60(1994-HI-055)), 45-52, 1994-07-14

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002937527
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ