シナリオにもとづく設計法の現状分析 Surveying scenario-based approaches in system design

Search this Article

Author(s)

    • 郷 健太郎 GO Kentaro
    • 山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科 Department of Computer Science and Media Engineering, Yamanashi University
    • 今宮 淳美 IMAMIYA Atsumi
    • 山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科 Department of Computer Science and Media Engineering, Yamanashi University

Abstract

シナリオにもとづく設計法とは, シナリオをシステム開発工程における主要な成果物とみなし, 積極的に利用する手法である.本稿では, システム設計におけるシナリオの役割に関して, 代表的な研究の分析をおこなう.具体的には, 代表的な4分野(戦略経営, 人とコンピュータとの相互作用, 要求工学, オブジェクト指向分析・設計)におけるシナリオの特徴とスコープの違いを明らかにすることで, シナリオがシステム開発に携わる多様なステークホルダに対する共通言語となり得ることを示す.

Scenario-based design is a design methodology that uses scenario as a central artifact in system design. This article analyzes the roles of scenarios in system design based on a survey of the major scenario-based design approaches. To be precise, it examines the characteristics and differences on scopes of scenario among the four major fields : Strategic Management, Human-Computer Interaction, Requirements Engineering, and Object-Oriented Analysis and Design. Also, it shows that scenarios can provide a common language for design among various stakeholders who participate in design activities.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 87, 43-48, 2000-01-28

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002937714
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    5340175
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top