ユーザー発話のセグメンテーションと発話評価機能をもつ英語学習支援システム  [in Japanese] A CALL System with Segmentation and Evaluation Function of an User Utterance  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

外国語によるコミュニケーションの学習においては,対象となる外国語発話の聞き取り能力,自己の発話能力,そして文作成能力を養う必要がある.それら3つの能力の習得を支援するComputer-Assisted Language Learning(以下CALL)システムの構築には,学習者の発話に対する評価と,適切な誤り部分の教示が重要な要素となる.本報告では,音声認識技術を利用したCALLシステムにおける学習機能として主に3つの機能(セグメンテーション機能,フレージング機能,ディクテーション機能)を提案し,その原理と実装方法について述べる.実験として,実際に10人の学習者にシステムを利用してもらい,アンケートの結果から評価を行った.

In communication learning of second language, three abilities have to be improved; listening, speaking and writing ability. In this sence, it is important to evaluate user's pronunciation ability and to detect mispronunciations in CALL (Computer-Assisted Language Learning) systems. In this paper, we propose three functions (segmentation, phrasing and dictation) in CALL system using speech recognition technology. As experiments, the system was evaluated from the result of a questionnaire to ten learners.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 97, 7-12, 2002-02-01

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  6

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002937808
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    6085966
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top