日常会話における発話タイミング分析  [in Japanese] Analysis of utterance timing in everyday conversation  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,日常会話において,発話の生成時に生じる話者交代を分析するためのフレームワークを提案する.このフレームワークは,人=コンピュータ間の音声対話インタフェースに必要なアーキテクチャを説明するものであるとともに,対話において見られる発話開始の遅延や,発話のoverlapについて,各話者の発話単位ごとに定義されるダンピング要素を用いて説明するためのメカニズムを提供する.我々は,まず,電話対話収録から抽出したデータの分析から得た最初の結果を示した上で,その分析結果から得た知見を「会話分析」の理論と関係づける.

This paper presents a framework for the analysis of turn-taking in speech timing. It describes an architecture for a human-computer spoken-dialogue interface, and presents a mechanism to account for the delays or overlaps in speech turns by means of a single damping factor per speaker-utterance unit. We present initial results from an analysis of data taken from recorded telephone conversations and relate the findings to current theories of conversation analysis.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 97, 109-114, 2002-02-01

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002937825
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    6086126
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top