2つの認識文法を用いた主導権混合型対話制御 Mixed-initiative dialogue control using two types of recognition grammer

この論文をさがす

著者

    • 安田 宜仁 YASUDA Norihito
    • 日本電信電話(株), NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corp.
    • 堂坂 浩二 DOHSAKA Kohji
    • 日本電信電話(株), NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corp.
    • 相川 清明 AIKAWA Kiyoaki
    • 日本電信電話(株), NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corp.

抄録

本稿では,認識文法の異なる2つの認識器を同時に使用し,ユーザ発話後にそれらの出力のどちらを利用するかを決定するような主導権混合型対話の制御を提案する.機械学習を用いて2つの認識器の選択を行った実験の結果を示す.実験の結果,適切な文法選択の精度は,ベースラインの95.5%から,97.7%に改善することができた.

We propose a new mixed-initiative dialogue control that uses two types of recognition grammer simultaneously and chooses a recognition grammer to use after user-utterance. We also present results of machine learning experiments to choose the appropriate type of recognition grammer. We have improved the accuracy for choosing the appropriate grammer from baseline of 95.5% to 97.7%.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 97, 127-132, 2002-02-01

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002937828
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116111
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    6086135
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ