音声に重点を置いたネットワークに関する検討 Discussion about a Network System Emphasizing Audio Media

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

遠隔地での発想支援や電子会議など,マルチメディア通信によってコミュニケーションをとる必要のある場面が増えているが,いかに通信の品質を維持し,大きなデータとなるマルチメディア情報をいかに正しく伝えるかということの重要性は高い.本報告ではその中でも特に音声を重視し,音声メディアのコミュニケーションに対する重要性を示した後,音声情報をネットワークで伝送するさいに有効と考えられる「迂回」通信方法という新しい通信方法を提案し,従来までに提案されていた方法との比較及びその実現に関する具体的検討を行う.Multimedia communication have been used for desktop conferences on internet. It is important how high quality of multimedia communication keeps and how correctly large data of multimedia information sends. In this paper, first we point out the importance of audio media on communication. Next, we propose a new method about audio media whose concept is depend on "detour" and compare it with usual methods.

Multimedia communication have been used for desktop conferences on internet. It is important how high quality of multimedia communication keeps and how correctly large data of multimedia information sends. In this paper, first we point out the importance of audio media on communication. Next, we propose a new method about audio media whose concept is depend on "detour" and compare it with usual methods.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)

    情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 1996(95(1996-DPS-078)), 1-6, 1996-09-27

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002938210
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ