超並列マシンにおける時分割スケジューリング方式 A Time-Sharing Scheduling for Massively Parallel Machines

この論文をさがす

著者

    • 堀敦史 Hori Atsushi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構(RWC)つくば研究センタ Real World Computing Partnership, Tsukuba Research Center
    • 石川 裕 Ishikawa Yutaka
    • 技術研究組合新情報処理開発機構(RWC)つくば研究センタ Real World Computing Partnership, Tsukuba Research Center
    • 小中 裕喜 Konaka Hiroki
    • 技術研究組合新情報処理開発機構(RWC)つくば研究センタ Real World Computing Partnership, Tsukuba Research Center
    • 前田 宗則 Maeda Munenori
    • 技術研究組合新情報処理開発機構(RWC)つくば研究センタ Real World Computing Partnership, Tsukuba Research Center
    • 友清 孝志 Tomokiyo Takashi
    • 技術研究組合新情報処理開発機構(RWC)つくば研究センタ Real World Computing Partnership, Tsukuba Research Center

抄録

我々は,パーティション分割可能な分散メモリ型並列マシンをターゲットに,分散樹状待ち行列と呼ばれる時分割スケジューリング方式を既に提案した.本論文では,分散樹状待ち行列の特性のいくつかについて明らかにすると同時に,タスク割当ポリシーを提案する.最適なスケジューリングを得るためには,DQTの負荷分散が重要である.うまく負荷分散されたDQTにおいては,公平なスケジューリングと高いプロセッサ利用率が達成される.ここで提案されたタスク割当ポリシーはシミュレーションにより比較された.また,バッチ処理との比較において,DQTを用いたスケジューリングの方が高負荷時により高いプロセッサ利用率を達成することが判明した.

We have proposed a new process scheduling queue system called the Distributed Queue Tree (DQT) for a distributed memory, dynamically partitionable parallel machine. In this paper, the fundamental characteristics of DQT are analyzed. We also propose several task allocation policies. To achieve the best scheduling policy, DQT load balancing is very important. Failing to do so results in unfairness in process scheduling and/or low processor utilization. Several task allocation policies have been evaluated by software simulations. The simulation results show that time-sharing with DQT results in better processor utilization than that available from batch scheduling in high-load situations.

収録刊行物

  • システムソフトウェアとオペレーティング システム研究会資料

    システムソフトウェアとオペレーティング システム研究会資料 94-OS-65, 33-40, 1994

    一般社団法人情報処理学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002941134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ