WWW検索行動における「戻る」行動と検索方針の変化との関係  [in Japanese] Preliminary study on the changes of the search strategies in the case of "turning back" in WWW information retrieval  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

WWW検索行動の中で「前の画面に戻る」という行動の持つ意味を明らかにするため、戻った後どのような行動を選択するのかということを分析し、何のために戻るのかを分類した。まず、戻る行動を記述するモデルを作るため、時間の経過と検索行動の状態を記述するチャートを作成した。次に、検索方法がどのように変化するのかを明らかにするために、どこに戻るのかということと、戻った後選択した行動の関係を分析した。その結果、検索エンジンの選択や検索方法の選択に戻る際には方針変更が見られることが多く、検索結果表示に戻る際には方針の変更が見られないことが示唆された。しかし、キーワードを分析し方針変更の内容を分類したところ、方針変更はキーワードの言い換えのレベルで生じていることが示唆された。

In order to understand "turning back" behavior in searching WWW, which means to browse previous pages, we classified the reasons why users often turn back to previous pages by analyzing users' actions followed by "turning back". First, in order to make a model which can describe "turning back", we made a chart which showed relation between time and searching behavior. Second, in order to show how users' strategies change, we analyzed the relation between "turning back" and the action followed. We suggest a) when subjects selected search engines or operators for searching, they often changed their search strategies, b) but when they selected search results, they did not change their strategies. We analyzed key words selected for searching WWW to classify the pattern about how users changed their strategies. The results suggest that they often generated new key words by paraphrasing old key words.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 83, 61-66, 1999-05-14

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  7

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002945920
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    5337242
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top