超精細画像による資料の比較閲覧機能の検討  [in Japanese] A Study on a Function of a Viewing System for Various Comparison of Historical Materials  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

歴史の研究において,資料の比較は重要な活動の一つであり,閲覧システムを利用した比較が望まれる.比較対象は,本質的な対応関係があるものから希薄なもの,画像データの取得方法の違いから画像の大きさが異なるなど多様である.非常に高精細な画像を対象として,この多様な比較を実現するためには,大きさの異なる画像を対象とし,連動する表示と連動しない表示を設け,これらの動作中の切り替えを可能とすることが必要となる.この実現のため,表示倍率の制御と,表示動作の主体となる画面の管理が重要である.また,複数の資料画像を配列した画像を適用することにより,比較する対象を,画像を見ながら選び,観察することが可能となる.そして,この比較表示により,同一の資料の中での離れた箇所の比較が,資料間の比較と同一の操作で可能となる.

Various comparison of materials is required in historical researches. Functions of a viewing system for the comparison with extremely large images is discussed in this paper. Parallel display of different size images is the first basic function for various comparison. The second function is display of images under both linked and non-linked conditions. Mode change between link and non-link is required at the operation. It can be possible to select a pare of comparing objects from displaying images and to observe them minutely by an application of arrayed images to the comparing system. Comparison of different parts of an object can be executed by the same operation for different objects.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 64, 9-16, 2004-11-05

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002949223
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    7181674
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top